知る(SDGs, News)

【続報⑥】フィジーでインド型コロナ拡大。ロックダウン強化(5月1日更新)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4月18日に再確認されたインド型コロナウイルスはフィジーで引き続き拡大しています。

こちらの記事では、フィジー政府、日本大使館の公式発表、および現地の情報を引用しながらフィジーのコロナの状況をお伝えします。

フィジーへのお仕事や留学などでの渡航を検討されている方や、ご家族の方のご参考になれば幸いです。

本日までの最新状況

政府発表、コロナ発生状況、街の様子など:5/1更新

フィジー政府公式Facebookより引用 「政府の許可なしでは外出不可」
新規感染者1名。広がる感染とロックダウンの強化

昨日は1名、既存の感染者の家族からの感染が確認されました。現在、感染が分かっていないケースの追跡及び感染拡大封じ込めのために、首都スバ~ナウソリ(空港があるスバから車で15分ほどの地域)に外出禁止令が出されています。4月30日から5月4日までで、首都スバには日本大使館など主に政府関連の機関やそこで働く邦人が滞在しており、生活に影響が出るレベルの制限が発令されたことになります。

ロックダウンの延長をするか否かの判断は5月2日に判断というアナウンスもされており、先は見通せないなかでも政府側の動きは常に公開されています。

食料の配達もスタート

今回のロックダウンにおいては、該当地域において非常に厳しい外出制限が発令されています。病院、港湾、水道、電力などのインフラ系以外の、スーパーマーケット、銀行、薬局なども営業を禁止されました。一方で、食料調達においては、配達サービスを始める、との案内が発表されています。混乱下での物流がどこまで機能するのか、引き続き注視していきたいと思います。

在フィジー日本大使館からの案内:5/1更新

2021年4月30日発表:【緊急】フィジー国内での新型コロナウイルスの市中感染例に関する続報14

 4月30日、フィジー保健・医療サービス省は新たに1件の新規感染例を確認すると共に、スバ及びナウソリ地域を本日4月30日(金)20時から少なくとも5月3日(月)4時までロックダウン(外出禁止)すると発表しました。ポイントは以下のとおりです。邦人の皆様におかれましてはフィジー政府の推奨する感染予防策の実施を徹底すると共に、新たな制限等の発表にご注意ください。

フィジー保健省声明: https://www.fiji.gov.fj/Media-Centre/Speeches/STATEMENT-FROM-THE-PERMANENT-SECRETARY-FOR-HEA-(1)
COVID-19無料電話ヘルプライン:158

1 113件目感染例(縫製工場の労働者)に対する接触追跡を本格化させていますが、スバからナウソリ地域に住んでおり連絡の取れていない感染者の同僚をいち早く見つけ出すために、スバ及びナウソリ地域を本日4月30日(金)20時から5月3日(月)4時までロックダウンします。同地域は少なくとも5月3日(月)4時までは外出禁止となります。保健省の特別な許可を受ける、または救急医療目的以外では誰も外出してはいけません。この例外には腎臓透析患者も含まれます。外出は犯罪と見なされ違反者は警察に逮捕されます。このロックダウン中、水道、電力、港湾、市立病院などの一部の重要なサービスは保健省の許可を得て運営されますが、スーパーマーケット、銀行、薬局は営業されません。
 同地域で食料が不足している人のために、食料の詰め合わせを配達できる様に手配しました。同地域に住んでおり食料を入手する必要があれば、明日5月1日(土)9時以降にフリーダイヤルの161に電話してください。効率的に業務を進めるため、電話する際には、名前、住所、家族の人数などの情報を予め用意してください。
 5月2日(日)に接触追跡と検査の結果を踏まえた上で、ロックダウンを終了または延期するかを医学的に判断します。

2 スバ及びナウソリのロックダウン地域以外の場所ではスーパーマーケットなどの重要なビジネスは営業でき、また、重要な外出は許可されますが、できる限り自宅で過ごして下さい。23時から翌朝4時までの夜間外出禁止令は通常どおり適用されます。

3 本日判明した1件の新規感染例は110件目(ラ県での最初の陽性者)の妻です。本件とラ県でのもう1件の感染例は現段階で感染源が特定できておらず引き続き調査しています。しばらくの間これらの感染例をcommunity transmissionとして扱う必要があります。そのためDokonavatu-Nanukuloa-Naiserelagi地域及びNaria地域のため境界を設定し、境界を越えた無許可の移動を規制します。

※過去の領事メールは以下より確認できます。
https://www.anzen.mofa.go.jp/od/ryojiMail.html?countryCd=0679

【参考】過去の記事はこちら

不定期で現地の情報を更新しています。前回の記事はこちらになります。

【続報⑤】インド型変異種がフィジーで猛威。ついに本島全体へ感染広がる(4月30日更新)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSフォローもお願いします!

行動したくなった方はご連絡お待ちしています!

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。